受診予約・お問い合わせ 電話番号:088-856-8781

横川ひふ科クリニックアクセスマップ

大きな地図をみる

〒781-5106
高知市介良乙1049
高知東メディカルスクエア4F

TEL
088-856-8781
FAX
088-856-8782
  • 高知東メディカルスクエア
  • 伊藤整形外科
  • なかやまクリニック 内科・循環器科
  • 高知大学医学部皮膚科学講座

治療法のご紹介

治療法一覧へもどる

トリニティプラス治療

「光(パルスライト/レーザー)」と「高周波(RF)」を組み合わせた治療法です。
しみ・赤み治療用、スキンタイトニング用、しわ・毛穴治療用、脱毛用、瘢痕(キズ痕)治療用それぞれ専用のアプリケータを用います。

主な症状・用途
しみ・赤み治療・スキンタイトニング(肌のひきしめ)、しわ・毛穴治療、脱毛、瘢痕(キズ痕)治療

SR:しみ・赤み治療

STアプリケータ

SRアプリケータ

光エネルギーとRFエネルギーの相乗効果でメラニンの多い表皮への熱ダメージのみでなく、真皮乳頭層の毛細血管にもダメージを与えます。施術中は多少チクチクする痛みがあります。また、照射後に赤みや痛みが出ることもあります。冷やしたり炎症を抑える薬を塗ったりして対応します。稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消退していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方します。
3-4週間隔で5回の治療を行い、以降は3-6ヶ月ごとのメンテナンス治療をお勧めします。
肝斑のある方は色素沈着が濃くなる危険があるので、肝斑治療後の施術となります。治療により、発赤、水疱、かさぶたが生じた場合には必要な治療を行いますので再診してください。

ST:スキンタイトニング

STアプリケータ

STアプリケータ

赤外線とRFエネルギー相乗効果で真皮全体に熱ダメージを与えコラーゲンの増生・リモデリングを促します。施術中は多少チクチクする痛みがあります。また、照射後に赤みや痛みが出ることもあります。冷やしたり炎症を抑える薬を塗ったりして対応します。
3-4週間隔で3-5回の治療を行い、以降は6ヶ月ごとのメンテナンス治療をお勧めします。
治療により、発赤、水疱、かさぶたが生じた場合には必要な治療を行いますので再診してください。

Motif IR:しわ・毛穴治療

Motif IRアプリケータ

Motif IRアプリケータ

ダイオードレーザーとRFエネルギーの相乗効果で真皮上層から中層に高い熱ダメージを与えます。STに追加して行うこともできます。施術中は多少チクチクする痛みがあります。また、照射後に赤みや痛みが出ることもあります。冷やしたり炎症を抑える薬を塗ったりして対応します。稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消退していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方します。
治療により、発赤、水疱、かさぶたが生じた場合には必要な治療を行いますので再診してください。

Motif LHR:脱毛

Motif LHRアプリケータ

Motif LHRアプリケータ

ダイオードレーザーとRFエネルギーの相乗効果で、表面の熱発生は少なく、深いレベルの毛球部に十分なエネルギーが到達します。そのため、痛みややけどの危険が抑えられ、色の薄い毛や軟毛、産毛にも効果が期待できます。施術中は多少チクチクする痛みがあります。治療後は毛孔周辺に赤み(軽い熱による炎症)が起こる場合があります。通常は時間経過とともに消失します。稀に治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに消退していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方します。
治療部位により4-8週間隔で、通常は6-8回の治療が目安です。
Iライン、Oラインの施術はお断りさせて頂きます。
治療により、発赤、水疱、かさぶたが生じた場合には必要な治療を行いますので再診してください。

eMatrix:毛穴・しわ・瘢痕(キズ痕)治療

eMatrixアプリケータ

eMatrixアプリケータ

RFエネルギーをフラクショナル(細かい点状)に照射することで、表皮への熱ダメージは少なく、真皮への熱作用を強力に及ぼします。熱ダメージが深部に広がる設計になっているので、コラーゲン産生によるスキンリジュビネーション効果(毛穴開大・ざ瘡瘢痕・小じわの改善、さらにキメ・ハリの向上などのSkin textureの改善)と皮膚のタイトニング効果が期待できます。治療には痛みを伴うため、表面麻酔クリームを塗布した後に施行し、施行直後に十分に冷やします。施行後は赤み・腫れ・痛みが出るので、冷やしたり炎症を抑える薬を飲んだり塗ったりして対応します。赤みと腫れは通常は数日で消失し、細かい点状のかさぶたが生じます。かさぶたは通常は1-2週間程度で自然に取れますので、無理に剥がさないように注意して下さい。
3-4週間隔の治療をお勧めしますが、治療回数は皮膚状態や治療目的によって異なります。
施術の目安
100ショット;両側下眼瞼〜外眼角、片頬、顎
400ショット;額・鼻を除く顔全体

治療法一覧へもどる